TOPへ戻る
最終更新日:2020.1.15
名称

ヒメマサキ(姫柾、姫正木)

学名
Euonymus boninensis
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:2~4m/葉身長:2.5~8cm/花径:5mm/果径:8~10mm
形態
樹形は株立ち状、または下部から多数分枝する。葉は角質で、先は丸いかやや尖り、楕円形~倒卵形で、細かい鋸歯があり、短い葉柄があり、対生または三輪生する。4月頃、葉腋から集散花序を出し、薄黄緑色の小さい花を多数咲かせる。果実は球形の蒴果で、熟すと4裂し、中から橙色の仮種皮に覆われた種子が露出する。
類似
「マサキ(柾、正木)Euonymus japonicus」に比べると、葉質が薄く、厚みも光沢も少ない。
原産地
日本(小笠原諸島)
生育
海岸に近いやや湿った場所、日当たりのよい中腹地の林縁、潮風が当たる稜線などに自生する。
NOTE
TOPへ戻る