TOPへ戻る
最終更新日:2013.9.9
名称

ヒメマサキ(姫柾、姫正木)

学名
Euonymus boninensis
性状
小低木~低木/常緑
大きさ
高さ:0.5~4m/葉長:1~3cm
形態
マサキ」よりも全体に小型。葉は楕円形で、細長く尖がったものから、やや広く円いものまで変異が大きい。
品種
葉に様々な斑が入るものや、新葉が黄色になるもの、冬に紅葉するものなど、園芸品種が多数ある。
原産地
日本(小笠原諸島)
利用
公園樹、庭園樹、緑地帯、花材、ドライフラワー。

品種

斑入り品種いろいろ
ヒメマサキ
千葉県習志野市、東邦大学、薬用植物園
2013.6.1
ヒメマサキ
千葉県習志野市、東邦大学、薬用植物園
2013.6.1
ヒメマサキ
東京都新宿区、集合住宅、ハンギングバスケット
2008.5.16
ヒメマサキ
千葉県習志野市、自宅
2012.8.2
NOTE
TOPへ戻る