TOPへ戻る
最終更新日:2021.3.1
名称

エクメア・フルゲンス

サンゴアナナス(珊瑚アナナス)
学名
Aechmea fulgens
名の由来
「サンゴアナナス」は、花序と花柄が赤い珊瑚のように見えることから。
性状
多年草/常緑/着生植物
大きさ
高さ:30~40cm/葉身長:35〜45cm/葉幅:4〜6cm/花序長:15~20cm
形態
樹木や岩に着生、または地上に根を張る。剣状で硬質の葉が螺旋状につきロゼット状の株になり、株の中心部や葉と葉の間に水を溜め、そこから養水分を吸収して育つ。葉には、細かな棘状の鋸歯があり、縁はゆるく波打ち、表裏面に白っぽい粉を吹く。夏にロゼットの中心から真紅の花茎を伸ばし、円錐形の花序を作り、真紅で卵形の苞の先端に、紫色の花を咲かせる。花はすぼまったままで平開せず、3日程の寿命だが、苞は数ヶ月色褪せない。
品種
やや大型で、葉裏が暗赤紫色で著しく粉を吹く「Aechmea fulgens var. discolor ウラベニサンゴアナナス(裏紅珊瑚アナナス)」がある。
原産地
ブラジル
生育
樹上や岩の上に着生する。
利用
鉢植え観葉。

品種

名称

ウラベニサンゴアナナス(裏紅珊瑚アナナス)

学名
Aechmea fulgens var. discolor
名の由来
discolor」は、“二色の、異色の”の意。
特徴
やや大型で、葉裏が暗赤紫色で著しく粉を吹く。
エクメア・フルゲンス/裏紅珊瑚アナナス
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム、屋内
2018.7.27
エクメア・フルゲンス/裏紅珊瑚アナナス
花序
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム、屋内
2018.7.27
TOPへ戻る