TOPへ戻る
最終更新日:2013.9.9
名称

グズマニア属

グズマニア
学名
Guzmania
性状
多年草/常緑/一巡植物/着生植物
大きさ
高さ:30~60cm/苞径:10cm/花径:2cm
形態
自然状態では、多くは木の幹や岩などに着生して育つ。全縁で剣状の葉が、叢生する。株の中心部から赤い苞がついた花穂が伸び、苞の間に白または黄色の花が不定期に咲く。吸水は根からではなく、葉の基部でされる。花が咲くと株が枯れるが、脇から子株が育つ。
品種
苞の色は、橙、赤、赤紫、濃黄、淡黄、白などのものがある。斑入り葉の品種もある。
原産地
熱帯アメリカ
生育
葉から養水分を吸収するので、生育期には常に葉筒内には水を貯えておく。冬は乾かし気味に管理する。明るい日陰を好む。耐寒温度は3~5℃程度。
利用
鉢植え観葉。
グズマニア
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、温室
2010.4.18
グズマニア
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、温室
2012.6.3
グズマニア
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2013.1.4
グズマニア
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2013.1.4
グズマニア
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2013.1.4

品種

品種いろいろ
グズマニア
ジャズ‘Jazz’
東京都調布市、神代植物公園、温室
2009.3.12
グズマニア
ヒルダ‘Hilda’
東京都調布市、神代植物公園、温室
2009.3.12
TOPへ戻る