TOPへ戻る
最終更新日:2012.11.5
名称

フロックス・パニキュラータ

クサキョウチクトウ(草夾竹桃)
オイランソウ(花魁草)
英名
Summer phlox, Fall phlox, Perennial phlox
学名
Phlox paniculata
名の由来
「オイランソウ」は、華やかに花が咲く様子を花魁の姿に見たてたもの、または花が夕方に強く香ることから。
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:40~120cm/葉長:3~5cm/花序長:10~20cm/花径:20~26mm
形態
茎は直立し、あまり分枝しない。葉は全縁の先が尖った長楕円形で、十字対生、または3輪生する。6~10月頃に、茎頂に円錐花序を作って赤紫色~白色の花をたくさん咲かせる。花は筒部が長く、先が5裂して横に開く。
品種
花色は赤、白、紅紫、青紫、ピンク色、複色などがある。葉に斑が入るものや、花弁がないものなど園芸品種が豊富にある。
原産地
北アメリカ
生育
強健で栽培容易。日当り排水良く。うどんこ病にかかることが多い。風通し良く。
利用
庭植え、鉢植え。
フロックス・パニキュラータ
東京都新宿区、緑地
2005.8.3
フロックス・パニキュラータ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フロックス・パニキュラータ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フロックス・パニキュラータ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フロックス・パニキュラータ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フロックス・パニキュラータ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フロックス・パニキュラータ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フロックス・パニキュラータ
斑入り葉
千葉県千葉市、花の美術館
2012.8.5
TOPへ戻る