最終更新日:2007.4.27
名称

オオシマザクラ(大島桜)

学名
Cerasus speciosa
Prunus speciosa
Prunus lannesiana var. speciosa
分類
Rosaceae
Cerasus(ケラスス)
名の由来
「オオシマザクラ」は、伊豆大島に多く自生するので。
性状
高木/冬季落葉
大きさ
葉長:8~12cm/花径:40~50mm
形態
花は白色で、3月下旬~4月上旬に、葉の展開とほぼ同時に開花。花には芳香がある。
品種
八重咲きの品種がある。
原産地
日本(伊豆諸島)
利用
葉は塩漬けにすると香りが出るので、桜餅の葉に利用される。
オオシマザクラ
東京都新宿区、新宿御苑
2007.3.17
オオシマザクラ
東京都新宿区、新宿御苑
2007.3.17
オオシマザクラ
東京都新宿区、新宿御苑
2007.3.17

品種

名称

八重の大島桜(やえのおおしまざくら)‘Plena’

特徴
八重咲き。
ヤエノオオシマザクラ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
ページ top