TOPへ戻る
最終更新日:2016.9.15
名称

ベニシタン(紅紫檀)

コトネアスター・ホリゾンタリス
英名
Rockspray cotoneaster
学名
Cotoneaster horizontalis
性状
小低木/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:0.5~1m/葉長:0.5~4cm/花径:6mm/果径:0.5cm
形態
枝は横向きに這うように、または下垂して伸びる。葉は厚く光沢があり、革質の全縁の倒卵形で、2列に互生する。5~6月頃、葉腋に淡い紅色あるいは白色の5弁花を咲かせる。果実は球形の梨状果で、小枝に鈴なりにつき、9~10月頃に鮮紅色に熟す。中に淡褐色で扁平の種子が2個入る。
原産地
中国
生育
常緑だが、寒冷地では落葉することもある。日当たり、水はけのよい場所を好む。剪定に強い。繁殖は実生、挿し木で。
利用
庭木、グランドカバー、鉢植え、盆栽、茶花。枝葉は薬用に利用される。
ベニシタン
神奈川県足柄下郡、住宅
2016.4.29
ベニシタン
東京都新宿区、店舗
2008.5.6
ベニシタン
千葉県習志野市、学校
2016.7.8
ベニシタン
千葉県習志野市、学校
2016.7.8
ベニシタン
東京都新宿区、店舗
2008.5.6
ベニシタン
東京都新宿区、店舗
2008.5.6
TOPへ戻る