TOPへ戻る
最終更新日:2010.6.15
名称

ダイコンソウ(大根草)

学名
Geum japonicum
名の由来
「ダイコンソウ」は、根生葉が「ダイコン」の葉に似ていることから。
性状
多年草
大きさ
高さ:40~80cm/花径:15〜20mm/集合果径:15mm
形態
茎は直立し、やや分枝する。茎や葉には粗い毛が散生する。根生葉は奇数羽状複葉。小葉は縮れて鋸歯があり、頂小葉は大きく、ほぼ円形または3裂し、側小葉は小さく大きさが不揃い。茎生葉は単葉で多くは3深裂する。5~8月頃、花茎を伸ばし、いくつかに枝分かれした先端に花を咲かせる。花は黄色の5弁花で、雄しべ多数、雌しべ多数。果実は痩果が多数集まった球形の集合果。痩果の先端が鈎状で、動物などにひっかかって散布される。
原産地
日本(北海道~九州)
生育
山野、道端などに普通に自生する。
利用
開花期の全草は薬用に利用される。
ダイコンソウ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ダイコンソウ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ダイコンソウ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ダイコンソウ
果実
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
TOPへ戻る