TOPへ戻る
最終更新日:2007.1.18
名称

シロヤマブキ(白山吹)

英名
Black jetbead
学名
Rhodotypos scandens
Rhodotypos kerrioides
名の由来
「シロヤマブキ」は、「ヤマブキ」に似て、白い花を咲かせることから。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:2~3m/葉長:4~6cm/花径:30~40mm/果長:0.7cm
形態
葉は卵形で、鋭い重鋸歯があり、対生する。下面には絹毛を密生し、葉脈が明瞭。5月頃、白色の花を短枝に頂生する。花弁と萼片は各4枚。果実は痩果で、10月頃、4個の光沢がある黒い実が熟し、長く枝に残る。
原産地
日本(中国地方)、中国、朝鮮半島
生育
強健で栽培容易。明るい日影を好む。繁殖は実生、または株分け。
利用
庭木、公園樹、花材。
シロヤマブキ
花が咲いている
東京都新宿区、集合住宅
2006.4.15
シロヤマブキ
実がなっている
東京都新宿区、新宿御苑
2005.10.13
シロヤマブキ
東京都新宿区、集合住宅
2006.4.15
シロヤマブキ
果実
東京都新宿区、新宿御苑
2005.10.13
NOTE
TOPへ戻る