TOPへ戻る
最終更新日:2012.12.10
名称

ロサ・フィリップス

学名
Rosa filipes
性状
木本/冬季落葉/蔓性
大きさ
高さ:3~5m/小葉長:4~8cm/花径:20~25mm/果径:8~15mm
形態
細い枝が蔓状に旺盛に伸びる。葉は小葉が5~9枚の奇数羽状複葉で、互生する。小葉は先が尖った長楕円形で、やや光沢があり、鋸歯がある。5~6月に細い枝先にたくさんの芳香がある白い5弁花を咲かせる。たいへんに多花で、ときには100もの花が房になって咲く。秋には赤い実ができる。
品種
園芸品種がある。
原産地
中国南西部
生育
非常に強健で樹勢が強い。
利用
アーチ、トレリス
ロサ・フィリップス
千葉県習志野市、谷津バラ園
2008.5.17
ロサ・フィリップス
千葉県習志野市、谷津バラ園
2009.5.9

品種

名称

キフツゲート‘Kiftsgate’

特徴
樹高が20m以上にもなる。
ロサ・フィリップス ‘キフツゲート’
千葉県八千代市、京成バラ園
2011.6.4
ロサ・フィリップス ‘キフツゲート’
千葉県八千代市、京成バラ園
2011.6.4
NOTE
TOPへ戻る