TOPへ戻る
最終更新日:2010.4.20
名称

コウシンバラ(庚申薔薇)

ロサ・キネンシス
英名
China rose, Bengal rose
学名
Rosa chinensis
名の由来
「コウシンバラ」の庚申は隔月の意で、たびたび花が咲くことによる。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:1~2m/小葉長:2.5~6cm/花径:60mm/果径:1~2cm
形態
半蔓性で枝には鋭い棘がある。葉は小葉3~5枚からなる奇数羽状複葉で、互生する。小葉は先が尖った楕円形で、光沢があり、鋸歯がある。5月頃に、5弁で淡紅色の花を咲かせる。
品種
野生の原種は 「R. chinensis var. spontanea」で、半蔓性で一重咲き、一季咲き。
中国で多くの品種改良が加えられ、八重咲きや半八重咲き、四季咲き性があるものになった。これらは「モダン・ローズ」に四季咲き性をもたらした。
原産地
中国
利用
花と果実は伝統的な中国漢方薬として利用される。
コウシンバラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
コウシンバラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11

品種

名称

センパフローレンス‘Semperflorens’

特徴
樹高は1m程で、低いブッシュ状になり、茎には平たい棘がまばらにつく。花は半八重咲きで深紅色。
ロサ・キネンシス
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
ロサ・キネンシス
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
名称

アルバ‘Alba’

特徴
花は咲き始めは淡いピンクを帯び、次第に白くなる。
ロサ・キネンシス
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
ロサ・キネンシス
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
名称

ミニマ‘Minima’

特徴
樹高は30~50cm程、花径は30~40mm程の小型矮性種で、四季咲き性がある。花色は薄桃色、白、赤など。八重咲きまたは一重咲き。
解説
ミニチュア系」の交配親。
ロサ・キネンシス
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
TOPへ戻る