TOPへ戻る
最終更新日:2011.6.3
名称

ヤブイバラ(藪茨)

ニオイイバラ(匂茨)
学名
Rosa onoei
Rosa luciae subsp. onoei
Rosa luciae var. onoei
Rosa micro-onoei
Rosa yakualpina
性状
低木/冬季落葉/半蔓性
大きさ
高さ:2~3m/小葉長:1cm/花径:15~20mm/果径:6mm
形態
枝には鉤型の棘があり、これが多物にひっかかって成長する。葉は7~9枚の小葉からなる奇数羽状複葉で、互生する。小葉はやや光沢があり、先が尖った楕円形で、鋸歯がある。頂小葉は細長く、先が尾状に長く伸びる。葉の付け根には托葉があり、羽状に深く細かく裂ける。5~6月頃、枝先に総状花序を作り、白~薄桃色の花を咲かせる。花には芳香がある。果実はほぼ球形の偽果で、秋に赤く熟す。
原産地
日本(本州近畿地方の太平洋側、四国、九州)
成育
海岸に近い崖地や山地の林の中に自生する。半日陰にも強い。
ヤブイバラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
ヤブイバラ
千葉県八千代市、京成バラ園
2009.5.11
TOPへ戻る