TOPへ戻る
最終更新日:2015.8.17
名称

ニラ(韮)

英名
Chinese leeks, Chinese chives
学名
Allium tuberosum
性状
多年草/冬季休眠/球根(鱗茎および根茎)
大きさ
高さ:30~40cm/葉長:20~30cm/花序径:3~4cm/花径:6~8mm
形態
鱗茎は長卵形で、鱗茎の下には短い根茎がある。多数に株分かれして葉を叢生する。全草に独特の匂いがある。葉は線形で扁平。8~10月に葉の間から花茎を伸ばし、半球形の散形花序をつける。白い花は3枚の花弁と3枚の苞の6枚の花被片からなる。果実は蒴果で、6個の黒色扁平の種子を結ぶ。
品種
一年中市場に出荷するために、時期がずれるさまざまな品種がある。
原産地
中国西部
生育
強健で栽培容易。刈り取った後の株から再び新葉が伸びて、年数回の収穫が可能。
利用
葉は食用になる。葉と種子は薬用に利用される。
ニラ
千葉県千葉市、畑
2012.9.5
ニラ
千葉県千葉市、畑
2012.9.5
ニラ
千葉県千葉市、畑
2012.9.5
ニラ
千葉県千葉市、畑
2012.9.5
ニラ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2014.9.10
ニラ
果実
東京都文京区、小石川植物園
2007.10.6
NOTE
TOPへ戻る