TOPへ戻る
最終更新日:2007.9.25
名称

タマスダレ(玉簾)

ゼフィランサス・カンジタ
英名
Fairy lily
学名
Zephyranthes candida
分類
Amaryllidaceae
Zephyranthes(ゼフィランテス)
名の由来
「タマスダレ」は、白い花を“玉”に、細い葉が集まってはえる様子を“簾”にたとえた。
性状
多年草/常緑/球根(鱗茎)
大きさ
高さ:15~20cm/花径:30~50mm
形態
葉は細く肉質で、厚みがあり、地際から叢生する。8月下旬~9月に花茎を出し、茎頂に白い花を1個咲かせる。
原産地
ペルー
生育
強健で栽培容易。日光が十分にあたるとよく花が咲く。湿潤土壌に適する。
利用
花壇植え、鉢植え。葉や鱗茎は有毒。
タマスダレ
東京都新宿区、集合住宅
2007.9.16
タマスダレ
東京都新宿区、住宅、鉢植え
2007.9.15
タマスダレ
東京都新宿区、公園
2007.9.15
タマスダレ
東京都新宿区、公園
2007.9.15
NOTE
TOPへ戻る