TOPへ戻る
最終更新日:2016.9.1
名称

サワラ(椹)

ヒバ(檜葉)
学名
Chamaecyparis pisifera
名の由来
「ヒバ」は、「ヒノキ」と「サワラ」、その中間種の総称。ただし、「アスナロ」の別名でもある。
性状
高木/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:30m/果径:10mm
形態
樹幹は直立し、細い枝が水平に開出し、円錐ないし卵形の樹形になる。樹皮は赤褐色で、縦の薄片となってはげ落ちる。葉をつける小枝の裏面は白色。葉は鱗片状で先端が尖る。裏面の白い気孔線がX字状に見える。雌雄異花で、花は小枝の先に単生する。球果は秋に熟す。球果も種子も「ヒノキ」に比べて小形。
品種
変異が多く、園芸品種が多数ある。
原産地
日本(本州~九州)
生育
自生地では、「ヒノキ」より低い谷筋に分布する。
利用
公園樹、街路樹、庭園樹、庭木、生垣。材は「ヒノキ」よりかなり劣る。肌目は「ヒノキ」よりやや粗く、香気も光沢もないが、水には強い。加工、乾燥ともに容易で耐水性に富むが、割れやすい。建築材、器具材、桶、浴槽、障子、襖など。
サワラ
並木
東京都調布市、神代植物公園
2009.3.12
サワラ
生け垣
東京都新宿区、公園
2005.5.7
サワラ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.7.3
サワラ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.7.3
サワラ
葉、表側
東京都新宿区、公園
2005.5.7
サワラ
葉、裏側
東京都新宿区、公園
2005.5.7

品種

名称

比翼檜葉(ひよくひば)

学名
Chamaecyparis pisifera var. filifera
特徴
葉は細長く糸状に下垂する。葉は緑色の鱗葉。
サワラ・比翼檜葉
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
サワラ・比翼檜葉
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
名称

ベイビーブルー‘Baby Blue’

特徴
樹高は1~1.2mほど。きわめて成長が遅い。樹形は球形。緑青色の短い針葉が密に付き、葉先が柔らかくカールしている。葉色は冬場にはやや赤味がかる。
サワラ ‘ベイビーブルー’
千葉県習志野市、自宅
2016.3.15
サワラ ‘ベイビーブルー’
千葉県習志野市、自宅
2016.6.12
サワラ ‘ベイビーブルー’
千葉県習志野市、自宅
2016.3.15
サワラ ‘ベイビーブルー’
千葉県習志野市、自宅
2016.6.12
名称

ボールバード‘Boulevard’

特徴
樹高は3~10mほど。幼木時は半球形で、やがて円錐形の樹形になる。緑青色の短い針葉が密に付き、葉先が柔らかくカールしている。葉色は冬場にはやや赤味がかる。刈込に耐えるので、スタンダードやロウソク形などいろいろな形に仕立てることができる。下枝や株の内部が枯れ込みやすい。
サワラ ‘ボールバード’
東京都三鷹市、住宅
2009.4.28
サワラ ‘ボールバード’
千葉県習志野市、住宅
2009.3.2
サワラ ‘ボールバード’
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2005.5.8
サワラ ‘ボールバード’
千葉県習志野市、住宅
2009.3.2
名称

比翼檜葉(ひよくひば)‘Filifera’

特徴
幼木は横張り性が強いが、後に芯が立ち、広円錐形になる。枝は開張し、細枝は細長く下垂する。葉は緑色の鱗葉で、冬に赤味を帯びる。
サワラ ‘比翼檜葉’
千葉県習志野市、住宅
2016.2.25
サワラ ‘比翼檜葉’
東京都文京区、小石川植物園
2009.2.10
サワラ ‘比翼檜葉’
東京都文京区、小石川植物園
2009.2.10
名称

黄金比翼檜葉(おうごんひよくひば)‘Filifera Aurea’

特徴
樹高は7m程。幼木は横張り性が強いが、後に芯が立ち、広円錐形になる。枝は開張し、細枝は細長く下垂する。葉は黄色〜黄緑色で冬に赤味を帯びる。日当たりが悪いと葉色は緑色になる。
サワラ ‘黄金比翼檜葉’
千葉県習志野市、住宅
2016.1.7
サワラ ‘黄金比翼檜葉’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.2.18
サワラ ‘黄金比翼檜葉’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
名称

ゴールデンモップ‘Golden Mop’

特徴
「黄金比翼檜葉」とよく似るが、樹高2m程の矮性種で、芯が立ちにくく、幼木時は半球形で、横張り性が強い。グランドカバーとして利用しやすい。
サワラ ‘ゴールデンモップ’
千葉県習志野市、ビルの植栽
2016.3.16
サワラ ‘ゴールデンモップ’
千葉県習志野市、ビルの植栽
2016.3.16
サワラ ‘ゴールデンモップ’
千葉県習志野市、住宅
2009.5.22
サワラ ‘ゴールデンモップ’
千葉県千葉市、住宅
2016.1.7
名称

黄金忍檜葉(おうごんしのぶひば)‘Plumosa Aurea’

日光檜葉(にっこうひば)
蛍檜葉(ほたるひば)
特徴
樹高は3~10mほど。樹形は円錐形。葉は硬い鱗葉、または針葉。夏場の新芽が黄金色になる。日当たりが良いと葉色が冴え、悪いと緑色になる。刈り込みに良く耐えるので生垣に利用される。
黄金忍檜葉
東京都文京区、小石川植物園
2009.4.11
黄金忍檜葉
東京都文京区、小石川植物園
2009.4.11
黄金忍檜葉
東京都文京区、小石川植物園
2009.4.11
名称

檜榁(ひむろ)

スクアローサ‘Squarrosa’
特徴
樹高は3~10mほど。幼木時は半球形で、やがて円錐形の樹形になる。青味がかった色の柔らかい針葉。下枝や株の内部が枯れ込みやすい。
檜榁
東京都文京区、小石川植物園
2005.6.4
檜榁
東京都文京区、小石川植物園
2009.2.10
NOTE
TOPへ戻る