TOPへ戻る
最終更新日:2013.1.7
名称

ニイタカビャクシン(新高柏槇)

ヒマラヤビャクシン(ヒマラヤ柏槇)
英名
Flaky juniper, Singleseed juniper
学名
Juniperus squamata
性状
高木/常緑/雌雄異株
大きさ
高さ:10m/果径:0.5~1cm
形態
樹形は狭円錐形で、 放射状に枝を伸ばして広がる。葉は青緑色の針葉が密生する。葉は固く葉先は尖っており、触ると痛い。 果実は球形の球果で、青みを帯びた黒色。
品種
園芸品種がいろいろある。
原産地
中国、台湾、ヒマラヤ、アフガニスタン
生育
強健で栽培容易。やや耐暑性が弱い。
利用
庭木、公園樹、硬い針葉を利用した防犯用。

品種

名称

ブルーカーペット‘Blue Carpet’

特徴
樹高60~80cm程度。匍匐性で、枝は 斜上~水平に伸び、枝先はやや下垂する。葉は銀青色の針葉で、冬はやや褐色を帯びる。
ニイタカビャクシン ‘ブルーカーペット’
千葉県習志野市、緑地
2013.1.2
TOPへ戻る