TOPへ戻る
最終更新日:2009.4.16
名称

オキナワハイネズ(沖縄這杜松)

学名
Juniperus taxifolia var. lutchuensis
Juniperus lutchuensis
Juniperus thunbergii
性状
低木/常緑/雌雄異株/匍匐性
大きさ
高さ:0.2~1m
形態
シマムロ」の変種。匍匐性で、横に這い広がる。葉は三輪生の針形で、葉裏は2本の気孔線がある。果実は球形の球果で、紫褐色に熟す。
原産地
日本(本州太平洋側、伊豆諸島、南西諸島)
生育
海岸沿いの砂浜や岩場、原野に自生する。
利用
グランドカバー、盆栽。
オキナワハイネズ
東京都文京区、小石川植物園
2009.2.10
オキナワハイネズ
東京都文京区、小石川植物園
2009.2.10
オキナワハイネズ
雄花
東京都文京区、小石川植物園
2009.2.10
TOPへ戻る