最終更新日:2013.2.12
名称

ハゲイトウ(葉鶏頭)

ガンライコウ(雁来紅)
英名
Summer poinsettia, Joseph’s coat
学名
Amaranthus tricolor
Amaranthus gangeticus
分類
Amaranthaceae
Amaranthus(アマラントゥス)
名の由来
「ガンライコウ」は、雁の渡ってくる頃に色づくことから。
性状
一年草(春~秋)
大きさ
高さ:100~150cm
形態
葉は被針形で、初めは緑色だが、8月以後の短日条件になると、紅、淡紅、黄などに色づき、葉の付け根には小さく目立たない花が咲く。
品種
カラフルな園芸品種がいろいろある。矮性の品種もある。
原産地
熱帯アジア
生育
直根性で移植を嫌う。
利用
庭植え。南米では種子を穀物として食用にしてきた。日本でも「アマランサス」の名で健康食品として販売されている。
ハゲイトウ
千葉県習志野市、緑地帯
2006.7.16
ハゲイトウ
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2012.8.17

品種

名称

アーリースプレンダー‘Early Splender’

特徴
下葉はエンジ色、発色部分が明るい紅色。
ハゲイトウ‘アーリースプレンダー’
千葉県習志野市、緑地帯
2006.7.1
名称

パーフェクタ‘Perfecta’

特徴
下葉は緑にエンジ色で発色部分は赤と黄色。
ハゲイトウ‘パーフェクタ’
千葉県習志野市、緑地帯
2006.7.1
ハゲイトウ‘パーフェクタ’
千葉県習志野市、緑地帯
2006.7.1
NOTE
ページ top