TOPへ戻る
最終更新日:2015.9.1
名称

ホウキギ(箒木)

ホウキグサ(箒草)
コキア
英名
Kochia
学名
Kochia scoparia
Bassia scoparia
名の由来
「ホウキギ」「ホウキグサ」は、晩秋に枯れて葉を落とした枝を束ねて箒に利用することから。
性状
一年草(春~晩秋)/両性花と雌花
大きさ
高さ:50~100cm/葉長:2~3cm/花径:2~3mm/果径:1.5~2mm
形態
株元からよく分枝し、多数の細い枝が直立して束状に伸びる。葉は全縁の線状披針形で互生する。秋には赤く紅葉する。8~10月に葉腋に数個の花が固まってつく。花には花弁はなく、両性花は雄しべの葯が目立つ。果実は胞果。
原産地
ユーラシア大陸各地の乾燥地帯
生育
日当たり、水はけ良く。直根性で、移植を嫌う。
利用
庭植え、鉢植え。根際で茎を切り取り乾燥させると、そのまま箒として利用できる。種子は含油率が高く、東北地方では“とんぶり”と呼ばれ、食用とされる。また、種子や全草には利尿作用があり、薬用とされる。
ホウキギ
千葉県習志野市、公園
2006.7.16
ホウキギ
紅葉
千葉県習志野市、公園
2007.11.3
ホウキギ
東京都新宿区、集合住宅
2005.11.30
ホウキギ
雌花
千葉県習志野市、公園
2007.9.2
ホウキギ
両性花
千葉県習志野市、公園
2007.9.2
ホウキギ
両性花
千葉県習志野市、自宅
2012.9.7
ホウキギ
千葉県習志野市、公園
2005.9.18
NOTE
TOPへ戻る