TOPへ戻る
最終更新日:2011.10.3
名称

ハマヒルガオ(浜昼顔)

英名
Beach morning glory
学名
Convolvulus soldanella
Calystegia soldanella
性状
多年草/冬季落葉/匍匐性または蔓性(巻きつき)
大きさ
葉長:5~7cm/花径:40~50mm
形態
茎は砂の上を這って成長する。葉は厚く、丸くて光沢があり、白っぽい葉脈が見える。基部は左右に張り出す。5~6月に漏斗形でピンク色の花を咲かせる。
原産地
日本(北海道~沖縄)、アジア、ヨーロッパ、太平洋諸島、オーストラリア、アメリカ太平洋岸
ハマヒルガオ
千葉県習志野市、海岸近くの水路脇土手
2008.6.14
ハマヒルガオ
千葉県習志野市、海岸の緑地
110515_006
ハマヒルガオ
普通は砂の上を匍匐するが、フェンスがあれば巻きついてよじ登る
千葉県習志野市、海岸近くの水路脇土手
2007.10.14
ハマヒルガオ
千葉県習志野市、海岸近くの水路脇土手
2008.6.14
ハマヒルガオ
千葉県習志野市、海岸近くの水路脇土手
2007.10.14
ハマヒルガオ
千葉県習志野市、海岸近くの水路脇土手
2008.6.14
NOTE
TOPへ戻る