最終更新日:2015.9.1
名称

マルバアメリカアサガオ(丸葉アメリカ朝顔)

英名
Entireleaf morning glory
学名
Ipomoea hederacea var. integriuscula
分類
Convolvulaceae
Ipomoea(イポモエア)
性状
一年草/蔓性(巻きつき)
大きさ
葉身長:7~10cm/花径:30〜50mm
形態
茎は蔓になって、上から見て反時計回りに、他物に巻きつきながら成長する。全体に短い逆毛があってざらつく。葉は心形で、長い葉柄があり、互生する。6〜10月頃、葉腋に漏斗形の花を咲かせる。花冠が5浅裂するものもある。花の色は薄青色で中心部は白色。花は早朝に開き、午前中には萎む一日花。萼は先端が細長く、外側に反り返る。萼の基部には長毛が密生し、萼の下に細長い苞葉が2枚対生する。果実は先が尖った扁球形の蒴果で、上向きにつく。
原産地
北アメリカ
生育
世界の熱帯〜温帯地域に広く帰化。空き地、道端などに自生する。
マルバアメリカアサガオ
千葉県習志野市、自宅
2014.9.4
マルバアメリカアサガオ
千葉県習志野市、自宅
2014.9.4
マルバアメリカアサガオ
千葉県習志野市、自宅
2014.9.4
マルバアメリカアサガオ
果実(未熟)
千葉県習志野市、自宅
2014.9.27
マルバアメリカアサガオ
果実
千葉県習志野市、自宅
2014.10.12
マルバアメリカアサガオ
果実と種子
2014.10.12
ページ top