最終更新日:2007.10.23
名称

マルバアサガオ(丸葉朝顔)

英名
Common morning grory
学名
Ipomoea purpurea
分類
Convolvulaceae
Ipomoea(イポモエア)
性状
多年草/常緑/蔓性(巻きつき)
大きさ
葉長:7~10cm/花径:60~70mm
形態
茎は蔓になって、上から見て反時計回りに、他物に巻きつきながら成長する。茎はやや赤みを帯び、茎と萼には毛が生える。葉は幅広の心形で、長い葉柄があり、互生する。6〜11月頃、葉腋に漏斗形の花を咲かせる。花の色は紫、青、ピンク、白など。花は早朝に開き、昼過ぎには萎む一日花。果実は先が尖った球形の蒴果で、下向きにつく。
原産地
熱帯アメリカ
生育
強健で栽培容易。耐寒性はかなり強く、関東以西なら冬季に落葉しても春に芽が出る。繁殖は挿し芽。
利用
暖地では野生化する。花壇植え、鉢植え。
マルバアサガオ
東京都新宿区、緑地帯
2007.8.21
マルバアサガオ
東京都新宿区、集合住宅
2007.8.7
マルバアサガオ
東京都新宿区、緑地帯
2007.9.15
マルバアサガオ
東京都新宿区、店舗
2007.10.20
マルバアサガオ
東京都新宿区、集合住宅
2007.8.7
マルバアサガオ
東京都新宿区、集合住宅
2007.8.7
マルバアサガオ
果実(未熟)
東京都新宿区、集合住宅
2007.9.18
NOTE
ページ top