TOPへ戻る
最終更新日:2013.2.20
名称

オキナアサガオ(翁朝顔)

英名
Hairy clustervine
学名
Jacquemontia tamnifolia
性状
一年草(春~秋)/蔓性(巻きつき)
大きさ
葉身長:5~10cm/花径:10~15mm/果径:6~8mm
形態
蔓性で、茎が他物に巻きつきながら成長する。葉は先の尖った長卵形で、長い葉柄があり、互生する。7~10月頃、葉腋から長い花柄を出し、集散花序を作る。花序は毛で覆われた線形の苞がもさもさとかたまっており、その中から一度に1~2個の青い花を咲かせる。花序の基部には小さい葉が数枚つく。果実は扁平球形の蒴果。
原産地
熱帯アメリカ
生育
日本および世界各地に帰化。
オキナアサガオ
東京都江東区、木場公園
2012.8.19
オキナアサガオ
東京都江東区、木場公園
2012.9.17
オキナアサガオ
葉と花序
東京都江東区、木場公園
2012.8.19
オキナアサガオ
花序
東京都江東区、木場公園
2012.8.19
オキナアサガオ
東京都江東区、木場公園
2012.9.17
オキナアサガオ
果実
東京都江東区、木場公園
2012.9.17
TOPへ戻る