TOPへ戻る
最終更新日:2015.9.7
名称

ノブドウ(野葡萄)

ザトウエビ(座頭蝦)
ヘビブドウ(蛇葡萄)
英名
Porcelain berry
学名
Ampelopsis glandulosa var. heterophylla
Ampelopsis brevipedunculata
Ampelopsis brevipedunculata var. heterophylla
Ampelopsis heterophylla
性状
木本/冬季落葉/蔓性(巻きヒゲ)
大きさ
葉長:4~13cm/花径:3mm/果径:60~80mm
形態
蔓性で、巻きヒゲを他物に巻きつけてよじ登る。 茎の基部は木質になり、蔓は長くのびてジグザグに曲がり、節はしばしは肥厚する。葉は互生し、普通3~5裂し、縁には鋸歯がある。葉の形には変異が多く、深く切れ込むものもある。葉と対生して二股に分かれた巻きひげがある。7~8月に葉に対生して集散花序を出し、黄緑色のごく小さな花を咲かせる。球形の液果は淡い紫色を経て空色に熟す。果実は正常なものが少なく、多くはブドウタマバエやブドウトガリバチが寄生して“虫えい”を作る。この場合は果実が大きく不規則にゆがんだ球形になり、赤色になることもある。
品種
特に葉が深く切れ込むタイプものは「キレハノブドウ A. glandulosa var. heterophylla f. citrulloides」として区別する。また、葉が無毛の「テリハノブドウ A. glandulosa var. hancei」がある。
乳白色の斑が入る、園芸品種がある。
原産地
日本(北海道~沖縄)、アジア東北部
生育
藪や草原に繁茂している。
ノブドウ
千葉県勝浦市、川沿い
2015.8.8
ノブドウ
千葉県勝浦市、川沿い
2015.8.8
ノブドウ
東京都新宿区、住宅
2005.8.14
ノブドウ
紅葉
千葉県勝浦市、林
2005.11.19
ノブドウ
東京都新宿区、住宅
2005.8.14
ノブドウ
東京都新宿区、学校
2005.8.28

品種

名称

エレガンス‘elegans’

錦野葡萄(にしきのぶどう)
特徴
葉に乳白色の斑が入り、新葉が赤紫色になる
ノブドウ
東京都新宿区、店舗
2005.6.17
ノブドウ
千葉県習志野市、自宅
2012.5.3
NOTE
TOPへ戻る