TOPへ戻る
最終更新日:2016.8.15
名称

クリ(栗)

ニホングリ(日本栗)
英名
Japanese chestnut
学名
Castanea crenata
名の由来
「クリ」は、黒い実の意味。
性状
高木/冬季落葉/雌雄異花
大きさ
高さ:5~20m/葉長:7~14cm/葉柄長:0.5~1.5cm/雄花序長:10~15cm
形態
樹皮は、若い時は平滑だが、老木になると縦に割れ目が入る。葉は互生し、細長くて中央部が最も幅が広い。15~20対のはっきりした側脈があり、側脈の先端は針のように尖った鋸歯になり、先端も緑色をしている。よく似た「クヌギ」の葉は、葉脈は12~16対で鋸歯の先端は茶色い。6月頃に花穂を出し、独特の臭いがある淡黄色の細花をつける。多数の雄花が垂れ下がって咲き、雌花は雄花の集まりの根元の方にある。果実は鋭いイガの殻斗(かくと)に全面包まれる。9~10月頃に果実が成熟すると自然にイガが裂けて中から堅果が1~3個ずつ現れる。
品種
山野に自生するものは「芝栗、柴栗(しばぐり)」「山栗(やまぐり)」と呼ばれ、実は小さいが甘みが強い。
原産地
日本(北海道~九州)、朝鮮南部
生育
二次林に普通に生育。深根性で、適潤の深い土壌と日当たりを好む。萌芽力は強い。
利用
果樹、庭木、庭園樹。材は、建築材や家具材となる。赤褐色でタンニンを含み、湿った状態でも腐りにくいことから、建築物の土台や電車の枕木などに使用されてきた。
クリ
千葉県習志野市、学校
2016.7.7
クリ
茨城県つくば市、林
2013.10.3
クリ
千葉県習志野市、住宅
2006.6.17
クリ
千葉県習志野市、住宅
2006.6.17
クリ
千葉県習志野市、学校
2016.7.7
クリ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.7.7
クリ
茨城県つくば市、林
2014.8.31
クリ
千葉県習志野市、住宅
2005.9.17
クリ
茨城県つくば市、林
2013.10.3
クリ
千葉県習志野市、住宅
2006.6.17
クリ
葉と花序
千葉県習志野市、香澄公園
2016.5.28
クリ
雌花(上)と雄花(下)
千葉県習志野市、住宅
2006.6.17
クリ
果実(未熟)
千葉県習志野市、香澄公園
2016.7.7
クリ
果実(未熟)
千葉県習志野市、住宅
2006.7.16
クリ
果実
2013.10.3
NOTE
TOPへ戻る