TOPへ戻る
最終更新日:2009.10.21
名称

スダジイ(すだ椎)

シイ(椎)
学名
Castanopsis sieboldii
Castanopsis cuspidata f. lanceolata
Castanopsis cuspidata subsp. Sieboldii
Castanopsis cuspidata var. sieboldii
名の由来
「シイ」は、ブナ科シイ属の総称としても使われる。
性状
高木/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:15~20m/葉長:5~10cm/雄花序長:6~10cm/雌花序長:4~7cm/果長:1~1.5cm
形態
主幹が直立し、樹冠がドーム型になる。樹皮は黒灰色で成長すると縦の切れ目が入る。葉は革質で光沢があり、先の尖った広楕円形で、全縁または鋸歯があり、互生する。葉裏は鈍い金色の光沢がある。5~6月に、葉腋からクリーム色の穂状花序をつける。雌花序は細くて上に立ち上がり、雄花序は太く、垂れ下がる。アブやハエの仲間に花粉を媒介させる虫媒花。果実は細長い堅果で、殻斗に包まれる。翌年の10~11月に殻斗の先端が3裂し、熟した堅果が露出する。
品種
葉に斑が入る園芸品種がある。
原産地
日本(本州~九州)
生育
強健で栽培容易。生育はやや遅い。肥沃地を好むがほとんどの所で生育可能。
利用
庭木、公園樹、街路樹。材は建築材や器具材、椎茸の原木として利用さる。生または軽く煎った果実は食用になる。
スダジイ
花が咲いている
千葉県千葉市、街路樹
2007.5.12
スダジイ
実がなっている
千葉県千葉市、街路樹
2009.10.10
スダジイ
千葉県千葉市、街路樹
2007.5.12
スダジイ
千葉県千葉市、街路樹
2007.5.12
スダジイ
雄花
千葉県千葉市、街路樹
2007.5.12
スダジイ
雄花
千葉県千葉市、街路樹
2007.5.12
スダジイ
果実(未熟)
千葉県千葉市、街路樹
2009.9.12
スダジイ
果実
千葉県千葉市、街路樹
2009.10.10
NOTE
TOPへ戻る