最終更新日:2014.1.1
名称

カシワ(柏、槲)

英名
Japanese emperor oak, Kashiwa oak, Daimyo oak
学名
Quercus dentata
分類
Fagaceae
Quercus(クエルクス)
名の由来
「カシワ」は、食物を盛ったり、包んで蒸したり焼いたりしたことから“炊葉(かしきは)”から。
性状
高木/冬季落葉/雌雄異花
大きさ
高さ:10~15m/葉長:15~30cm/雄花序長:10~15cm/果径:1.7~2.5cm
形態
樹皮は黒褐色で縦方向に裂ける。太い枝が粗く出る。葉は波形の深い鋸歯があり、枝先に集まって輪生状に互生する。葉柄はきわめて短い。枯れ葉は翌春まで枝に残るものが多い。4~5月に本年枝の基部の葉腋から黄褐色で房状の雄花序が下垂し、本年枝の葉腋に非常に小さい雌花をつける。9~10月に卵球形で褐色の堅果になる。堅果の半分は椀型の殻斗(かくと)に包まれており、殻斗の周りに細く尖って反り返った棘状の鱗片がたくさんつく。
原産地
日本(北海道~九州)、南千島、朝鮮半島、アジア東北部、中央アジア
生育
強健で栽培容易。日当たりを好む。耐寒性が強い。
利用
庭園樹、公園樹、防風林。葉は塩茹でして柏餅に利用する。
カシワ
千葉県柏市、柏の葉公園
2013.10.7
カシワ
千葉県習志野市、谷津公園
2011.10.24
カシワ
千葉県習志野市、谷津公園
2008.5.17
カシワ
実がなっている
千葉県柏市、柏の葉公園
2013.10.7
カシワ
真冬になっても枯葉が枝に残る
千葉県習志野市、谷津公園
2009.2.7
カシワ
新葉と蕾
千葉県習志野市、谷津公園
2009.4.18
カシワ
東京都文京区、小石川植物園
2009.4.26
カシワ
千葉県習志野市、谷津公園
2009.4.18
カシワ
果実と殻斗
千葉県柏市、柏の葉公園
2013.10.7
カシワ
果実と殻斗
千葉県習志野市、谷津公園
2011.10.24
NOTE
ページ top