TOPへ戻る
最終更新日:2016.8.15
名称

クラッスラ・エキリス・クーペリー

クラッスラ・乙姫(おとひめ)
学名
Crassula exilis subsp. cooperi
性状
多年草/常緑/多肉性/匍匐性
大きさ
高さ:5~10cm/葉長:1~1.5cm/花径:3~4mm
形態
地面を匍匐してマット状に群生する。葉は先の尖った楕円形で、葉縁には毛のような突起があり、対生する。葉の表面には赤っぽく凹んだ斑点模様があり、裏面は全面が赤っぽい。6~8月頃、花茎を伸ばし、桃色の小花を咲かせる。
原産地
南アフリカ
クラッスラ・エキリス・クーペリー
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31
クラッスラ・エキリス・クーペリー
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31
クラッスラ・エキリス・クーペリー
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31

品種

特徴
葉や花の赤味がやや強い。
クラッスラ・エキリス・クーペリー
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.7.14
クラッスラ・エキリス・クーペリー
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2012.7.16
クラッスラ・エキリス・クーペリー
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2013.2.24
クラッスラ・エキリス・クーペリー
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.7.14
クラッスラ・エキリス・クーペリー
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2011.11.2
クラッスラ・エキリス・クーペリー
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.7.14
NOTE
TOPへ戻る