最終更新日:2015.9.14
名称

ヒロテレフィウム ‘バートラム・アンダーソン’

カラスバミセバヤ(烏葉見せばや)
学名
Hylotelephium ‘Bertram Anderson’
分類
Crassulaceae
Hylotelephium(ヒロテレフィウム)
性状
多年草/小さな新芽で越冬/多肉性
大きさ
高さ:15~20cm/葉長:1~2cm/花径:10mm
形態
茎は斜上して先端は垂れ下がる。葉は多肉質の卵形~円形で、低い波状の鋸歯があり、3輪生する。葉は灰紫色~赤褐色。7~8月頃、茎頂に濃ピンク色の小花を球状に咲かせる。
原産地
園芸品種
生育
強健で栽培容易。日当たりを好む。日当たりで乾燥する環境で、葉色が冴える。
利用
鉢植え。
ヒロテレフィウム ‘バートラム・アンダーソン’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2014.8.30
ヒロテレフィウム ‘バートラム・アンダーソン’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2012.5.1
ヒロテレフィウム ‘バートラム・アンダーソン’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2013.8.28
ヒロテレフィウム ‘バートラム・アンダーソン’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2013.8.28
ヒロテレフィウム ‘バートラム・アンダーソン’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2013.8.28
ヒロテレフィウム ‘バートラム・アンダーソン’
小さな新芽で越冬
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2013.2.11
ページ top