TOPへ戻る
最終更新日:2014.1.6
名称

ヒロテレフィウム ‘フロスティモーン’

学名
Hylotelephium ‘Frosty Morn’
性状
多年草/小さな新芽で越冬/多肉性
大きさ
高さ:30~80cm/葉長:5~7cm/花径:5mm
形態
茎は直立する。葉は多肉質の卵形~楕円形で、鈍い鋸歯があり、対生または三輪生する。葉色は白緑で、エッジにクリーム色の斑が入る。9~10月頃、茎頂に複散房花序を形成し、白~桃色の花を咲かせる。
原産地
園芸品種
生育
強健で栽培容易。日当たり、乾燥を好む。
利用
庭植え、鉢植え。
ヒロテレフィウム ‘フロスティモーン’
千葉県習志野市、自宅
2013.5.3
ヒロテレフィウム ‘フロスティモーン’
花が咲いている
千葉県習志野市、自宅
2013.10.12
ヒロテレフィウム ‘フロスティモーン’
千葉県習志野市、自宅
2013.10.12
ヒロテレフィウム ‘フロスティモーン’
千葉県習志野市、自宅
2013.10.12
ヒロテレフィウム ‘フロスティモーン’
小さな新芽で越冬
千葉県習志野市、自宅
2013.10.12
TOPへ戻る