TOPへ戻る
最終更新日:2007.9.4
名称

ミセバヤ(見せばや)

タマノオ(玉の緒)
英名
October daphne, Japanese stonecrop
学名
Hylotelephium sieboldii
Sedum sieboldii
名の由来
「ミセバヤ」は、“見せたい”を意味する古語。美しいので誰かに見せたいという意。
性状
多年草/小さな新芽で越冬/多肉性
大きさ
高さ:15~20cm/葉長:1~2cm/花径:10mm
形態
地下茎を伸ばし、株はマット状に広がる。茎は斜上して先端は垂れ下がる。葉は多肉質の卵形~円形で、低い波状の鋸歯があり、3輪生する。葉は青みがかった緑灰色で、秋にはすすけたピンク色に紅葉する。10~11月に、茎頂にピンク色の小花を球状に咲かせる。冬季は葉を落とし、小さな新芽で越冬する。
品種
いろいろな園芸品種がある。
原産地
日本(香川県小豆島)
生育
乾燥した集塊岩地域の岩上に自生する。強健で栽培容易。日当たりを好む。
利用
盆栽、庭植え、鉢植え。
ミセバヤ
花が咲いている
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2006.12.5
NOTE
TOPへ戻る