TOPへ戻る
最終更新日:2009.6.18
名称

キリンソウ(麒麟草、黄輪草)

学名
Phedimus aizoon var. floribundus
Sedum aizoon subsp. kamtschaticum
Sedum aizoon var. floribundum
Sedum kamtschaticum
名の由来
「黄輪草」は、黄色い花を輪状に咲かせるところから。
性状
多年草/多肉性
大きさ
高さ:10~30cm/葉長:2~7cm/花序径:7~10cm/花径:10~12mm
形態
太い根茎から肉質で円柱形の茎を叢生させる。葉は多肉質の長楕円形で、葉の先端は丸く、上半分だけに鋸歯があり、互生する。5~8月に、茎の先端に平らな集散花序を出し、花序には葉状の苞がある。花弁は黄色の披針形で先は鋭く尖る。果実は袋果で、赤褐色に熟す。
原産地
日本(北海道~九州)、朝鮮、中国、シベリア東部
生育
山地の日当たりのよい岩上、海岸の崖地などに自生する。
利用
庭植え、鉢植え。
キリンソウ
東京都調布市、神代植物公園
2009.5.26
キリンソウ
東京都新宿区、住宅、鉢植え
2006.6.4
キリンソウ
東京都調布市、神代植物公園
2009.5.26
キリンソウ
東京都新宿区、住宅、鉢植え
2006.6.4
NOTE
TOPへ戻る