TOPへ戻る
最終更新日:2015.9.21
名称

ナギ(梛、竹柏)

学名
Nageia nagi
Decussocarpus nagi
Podocarpus nagi
性状
高木/常緑/雌雄異株
大きさ
高さ:10~20m/葉長:4~5cm
形態
樹皮は若木のうちは滑らかな紫褐色で、老木になると鱗状に剥がれ茶色の樹肌が露出する。若枝は緑色。葉は光沢があり、披針形で、中央脈がなく多数の平行脈がある。十字対生し、やや歪んで2列に並んだようになる。5月頃前年枝の葉腋に、円柱形で穂状の雄花を数個つけ、雌花は1個づつつける。10月頃、球形の実が青白色に熟す。
原産地
日本(和歌山~沖縄)、台湾
生育
日陰地に適するが、陽光地でも生育する。成長は遅い。
利用
庭木、社寺林。
ナギ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
ナギ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
ナギ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
ナギ
千葉県習志野市、東邦大学、薬用植物園、鉢植え
2014.5.24
ナギ
果実(未熟)
千葉県習志野市、東邦大学、薬用植物園、鉢植え
2014.5.24
ナギ
果実(未熟)
千葉県習志野市、東邦大学、薬用植物園、鉢植え
2014.5.24
NOTE
TOPへ戻る