TOPへ戻る
最終更新日:2005.12.25
名称

アトラスシーダー

英名
Atlas cedar
学名
Cedrus atlantica
名の由来
「アトラスシーダー」は、原産地のアトラス山地から。
性状
高木/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:40m/葉長:2~5cm/果長:5~10cm
形態
樹形は円錐形で、枝は水平または斜上する。枝は下の方までよく張る。樹皮はやや青みがかった灰褐色。葉は白みのある緑色で、軟らかな針状で、長枝で互生、短枝で束生する。 雌雄異花で、8月頃に短枝の先につく。雄花は細い唐辛子形で直立、雌花は緑白色の長楕円形で短枝の中央に咲く。球果は赤褐色の円筒形で上向きにつき、翌年の秋に成熟すると主軸を残して鱗片がバラバラに落下する。
類似
ヒマラヤスギ」の枝は下に垂れ下がる。葉は長い。
品種
葉色が違う園芸品種がある。
原産地
北アフリカ(アトラス山地)
生育
標高1,200~2,800mの高地に自生する。成長が速い。枝ぶりは荒く貧相だが、先端を切ってやるとすぐに両脇から枝が伸びるので、ボリュームをつけるには軽い剪定が必要。
利用
国内ではほとんど見られないが、欧米では公園や庭園樹としてよく植栽されている。 樹皮からとれるアロマオイルは鎮静効果がある。材は建築材や家具剤、特に建具の材料として利用されている。
アトラスシーダー
東京都新宿区、新宿御苑
2005.9.11
アトラスシーダー
東京都新宿区、新宿御苑
2005.9.11
アトラスシーダー
東京都新宿区、新宿御苑
2005.9.11

品種

名称

ブルーアトラスシーダー‘Glauca’

特徴
葉が銀色がかった青緑色。
ブルーアトラスシーダー
東京都新宿区、新宿御苑
2005.6.9
ブルーアトラスシーダー
東京都新宿区、新宿御苑
2005.6.9
ブルーアトラスシーダー
東京都新宿区、新宿御苑
2005.6.9
NOTE
TOPへ戻る