TOPへ戻る
最終更新日:2015.9.21
名称

ツガ(栂)

学名
Tsuga sieboldii
性状
高木/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:20~50m/葉長:0.5~2cm/果長:2.5cm
形態
幹は直立し、円錐樹形に、老木では傘形になる。枝は細く水平または先端が下垂する。若枝には光沢がある。葉は硬く、光沢がある濃緑色の線形で、葉裏に2本の気孔線があり、先端はくぼむ。長短があり、らせん状に互生するが、横枝の葉は水平につく。4~5月に、雄花雌花ともに、前年枝の枝端に単生する。雄花は黄色い球形、雌花は赤褐色で楕円形。果実は球果で下向きにつき、はじめは緑色、10月頃に灰褐色に熟す。成熟すると鱗片が脱落し、種子を散布する。
原産地
日本(本州中部~屋久島)、朝鮮
生育
耐陰性、耐寒性に優れるが、暑さにはやや弱い。
利用
公園樹、庭園樹、社寺林、盆栽。材は建材、船舶材、楽器などに利用される。
ツガ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
ツガ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
ツガ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
ツガ
枝葉
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
TOPへ戻る