TOPへ戻る
最終更新日:2015.10.13
名称

ヤマハギ(山萩)

ハギ(萩)
英名
Bush clover
学名
Lespedeza bicolor
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:1〜3m/小葉長:1.5〜3cm/花長:10mm/果長:5〜7mm
形態
株立ち状になる。茎は直立し、枝はやや横に広がり、ほとんど枝垂れない。葉は三出複葉で、長い葉柄があり、互生する。小葉は先端が円形~凹んだ広楕円形〜広倒卵形。若葉は先端が尖る。7~10月頃、枝先の葉腋から長い柄の総状花序を出し、紅紫色の蝶形花を咲かせる。果実は扁平な豆果で、先が細長く尖った円形〜楕円形で、種子が1個だけ入る。
原産地
日本(北海道〜九州)、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア
生育
広く日本全土の日当たりの良い山地や野原に自生する。強健で栽培容易。植え付けは、厳冬期を避けた落葉期に。
利用
庭植え。根茎は薬用に利用される。
ヤマハギ
千葉県習志野市、公園
2014.9.14
ヤマハギ
千葉県習志野市、公園
2014.9.14
ヤマハギ
千葉県習志野市、公園
2014.9.14
ヤマハギ
千葉県習志野市、公園
2014.9.14
ヤマハギ
花序
千葉県習志野市、公園
2014.9.14
ヤマハギ
千葉県習志野市、公園
2014.9.14
ヤマハギ
千葉県習志野市、公園
2014.9.14
TOPへ戻る