TOPへ戻る
最終更新日:2015.11.15
名称

ウマゴヤシ(馬肥やし)

英名
Burclover
学名
Medicago polymorpha
性状
一年草(秋~翌年夏の越年性)/匍匐性
大きさ
高さ:10〜40cm/小葉長:0.7~2cm/花長:4〜5mm/果径:5〜8mm
形態
茎は基部で多数分枝し、地面を這って広がる。葉は三出複葉で、互生する。小葉は倒心臓形~倒卵形で、不規則な鋸歯がある。葉の付根部分には櫛状に深裂した托葉がある。3~5月頃、上部の葉腋に花茎を出し、黄色の蝶形の花を2~8個咲かせる。果実は豆果で、螺旋状に巻き、縁に先が鉤状に曲がった棘がある。
類似
「コメツブウマゴヤシ」は、棘のない小さな豆果が総状に集まって多数つき、托葉は深裂しない。
原産地
西アジア、地中海沿岸
生育
日本全国に帰化。空地などに自生する。
利用
牧草。
ウマゴヤシ
東京都江東区、木場公園
2015.4.9
ウマゴヤシ
東京都江東区、木場公園
2015.4.9
ウマゴヤシ
東京都江東区、木場公園
2015.4.9
TOPへ戻る