TOPへ戻る
最終更新日:2015.11.15
名称

ヤマフジ(山藤)

学名
Wisteria brachybotrys
性状
木本/冬季落葉/蔓性(巻きつき)
大きさ
葉長:15~30cm/小葉長:4~8cm/花序長:10~20cm/花長:2~2.5cm/果長:5~15cm
形態
蔓は上から見て反時計回りに巻きつく。葉は、小葉9~13枚からなる奇数羽状複葉で、互生する。小葉は先が細く尖った長卵形〜長楕円形で、全縁で、若いうちは両面が有毛だが、やがて脱落する。葉が開ききらぬ4〜5月頃、総状花序を下垂させて藤色の蝶形花を咲かせる。花序は長くは伸びず、全体が長卵形で、元から順に咲く。花には芳香がある。花後、短毛が密生した豆果ができ、冬に裂開し、莢はよじれる。
類似
フジ」は、蔓は上から見て時計回りに巻きつく。花序が細長く伸びる。
「ヤマフジ」は、蔓は上から見て反時計回りに巻きつく。花序は長く伸びない。
「シナフジ」は、蔓は上から見て反時計回りに巻きつく。花序はやや細長く伸びる。
品種
花の白い変種がある。
原産地
日本(近畿~九州)
ヤマフジ
千葉県習志野市、住宅
2015.4.24
ヤマフジ
千葉県習志野市、住宅
2015.4.24
ヤマフジ
東京都新宿区、住宅
2005.4.30

品種

名称

白花山藤(しろばなやまふじ)

学名
Wisteria brachybotrys var. alba
特徴
白花。
シロバナヤマフジ
東京都文京区、小石川植物園
2008.4.30
シロバナヤマフジ
東京都新宿区、住宅、鉢植え
2006.4.22
ヤマフジ
千葉県習志野市、住宅
2015.4.24
ヤマフジ
千葉県習志野市、住宅
2015.4.24
ヤマフジ
千葉県習志野市、住宅
2015.4.24
NOTE
TOPへ戻る