TOPへ戻る
最終更新日:2008.5.6
名称

トキワマンサク(常盤満作)

英名
Fringe flower, Evergreen witchhazel
学名
Loropetalum chinense
名の由来
「トキワマンサク」は、「マンサク」に花の形が似て、常緑であるところから。
性状
低木~小高木/常緑
大きさ
高さ:3~5m/葉長:1.5~4cm/果長:7mm
形態
株元から枝分かれする。葉は全縁で両面に星状毛を散生し、互生する。主脈を境に左右が不対称で、葉の形は変異が大きい。2年枝の葉腋に頭状花序をつける。4~5月に、淡黄緑色のひも状の細長い花弁を4枚付けた花が、3~6個まとまって咲く。果実は蒴果。
品種
変種に「ベニバナトキワマンサク」 があり、一般にはこちらが普及。
原産地
日本(中部以西)、中国、インド
生育
日当たりを好む。特に若木では、乾燥に注意。繁殖は、挿し木、実生。
利用
庭木、公園樹、鉢植え、生け垣。
トキワマンサク
東京都文京区、小石川植物園
2005.6.14
トキワマンサク
花が咲いている
東京都文京区、小石川植物園
2008.4.30
トキワマンサク
東京都文京区、小石川植物園
2005.6.14
トキワマンサク
東京都文京区、小石川植物園
2005.6.14
トキワマンサク
東京都文京区、小石川植物園
2005.6.14
トキワマンサク
東京都文京区、小石川植物園
2008.4.30
トキワマンサク
東京都文京区、小石川植物園
2008.4.30
NOTE
TOPへ戻る