TOPへ戻る
最終更新日:2010.5.10
名称

ボロニア・メガスティグマ

英名
Brown boronia, Scented boronia
学名
Boronia megastigma
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:1~3m/葉長:15mm/花径:8~10mm
形態
線形の小さい葉が対生する。葉には柑橘系の強い香りがある。5~6月に、枝の上部の葉腋に海老茶色のカップ型の花を下向きに咲かせる。花弁の内側は黄色~黄緑、または外側と同じ色になる。
品種
園芸品種がある。
原産地
オーストラリア南西部
生育
湿地帯に自生する。暑さ寒さに弱く、庭植えには適さない。
利用
鉢植え。アロマオイルに利用される。
ボロニア・メガスティグマ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2010.2.9
ボロニア・メガスティグマ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2010.2.9
ボロニア・メガスティグマ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2010.2.9
TOPへ戻る