TOPへ戻る
最終更新日:2009.5.21
名称

ヒュウガナツ(日向夏)

コナツ(小夏)
トサコナツ(土佐小夏)
ニューサマーオレンジ
学名
Citrus tamurana
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:2~3m/葉長:8~12cm/花径:30~35mm/果径:8~10cm
形態
樹形は直立性で、枝は緑色で棘がある。葉は、楕円状披針形で、葉先に浅い鋸歯があり、互生し、葉柄には狭い翼がある。5~6月に、葉腋に白色の5弁花をつける。果実はやや平たい球形の液果で、 10~11月に黄色に熟し始めるが、翌年の初夏に完熟する。
品種
現在栽培されているものは、改良を重ねておいしくしたもの。
原産地
日本(宮崎県)で発生した栽培種。形成には「ホンユズ」と「ブンタン」が関わっていると考えられている。
生育
強健で栽培容易。他家結実性なので結実のためには「ハッサク」や「ナツミカン」などの受粉樹が必要。
利用
果樹、庭植え。果実は生食できる。果実の内果皮(白い部分)もそのまま食べられる。果皮はマーマレードや砂糖漬けなどに加工して食用になる。
ヒュウガナツ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.3.23
ヒュウガナツ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.3.23
TOPへ戻る