TOPへ戻る
最終更新日:2009.5.21
名称

タチバナ(橘)

ヤマトタチバナ(大和橘)
ニッポンタチバナ(日本橘)
学名
Citrus tachibana
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:2~4m/葉長:6~9cm/花径:20mm/果径:3cm
形態
枝は緑色で密に生え、若い幹には棘がある。 葉は、濃い緑色の楕円状披針形で、全縁で互生し、葉柄には翼がない。5~6月に白色の5弁花をつける。果実はやや平たい球形の液果で、 10~11月に黄色に熟す。
原産地
日本(静岡県以西の太平洋側、四国、九州)、台湾
生育
温暖な地域の沿岸域に自生する。
利用
庭木、庭園樹、鉢植え。果実は酸味が強くて食用には適さない。
タチバナ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
タチバナ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
タチバナ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
タチバナ
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
タチバナ
果実
東京都調布市、神代植物公園
2009.2.15
NOTE
TOPへ戻る