TOPへ戻る
最終更新日:2012.3.12
名称

サザンクロス

クロウェア・エクサラータ
英名
Small crowea
学名
Crowea exalata
 名の由来
「サザンクロス」は、日本でのみ通用する名。英名ではセリ科の「Xanthosia rotundifolia」をいう。
性状
小低木/常緑
大きさ
高さ:0.6~2m/葉長:2~3cm/花径:12mm
形態
株元から分枝する。葉は細長く線形で、互生する。葉は揉むと柑橘系の香りがする。真冬と真夏を除く不定期に葉腋にピンクの5弁花を咲かせる。
品種
白花の品種や、花が大きいもの、「クロウェア・サリグナ」との交配品種などがある。
原産地
オーストラリア
生育
日当たりを好む。やや高温多湿に弱い。耐寒性はやや弱いが、霜に当てなければ越冬可能。
利用
花壇植え、鉢植え。
サザンクロス
東京都新宿区、公共施設、鉢植え
2008.10.20

品種

特徴
白花。
サザンクロス
東京都新宿区、公共施設、鉢植え
2008.10.20
TOPへ戻る