TOPへ戻る
最終更新日:2014.3.24
名称

ミズアオイ(水葵)

ナギ(菜葱)
ミズナギ(水菜葱)
学名
Monochoria korsakowii
名の由来
「ナギ」、「ミズナギ」は、同属の「コナギ」の別名でもある。
性状
一年草/水生(湿性~挺水)
大きさ
高さ:20~50cm/葉長:5~25cm/花径:25~30mm/果長:1cm
形態
水田や沼地などの湿地に自生する。葉は心形で光沢がある。9~10月頃、花茎を伸ばして花序を直立させ、葉より高い位置に青紫色の花を咲かせる。花被片は6枚で、やや幅が広い内花被片3枚と外花被片3枚からなる。雄しべは6本で、5本の葯は黄色く、1本の葯は紫色。雌しべは1本。花後、結実すると茎が途中で折れて下を向く。果実は楕円形の蒴果。
原産地
日本(全国)、東アジア
生育
日当たりの良い水田の畦や湖沼などに自生する。
利用
古くは、葉が食用として利用されていた。
ミズアオイ
茨城県つくば市、筑波実験植物園、池
2013.10.3
ミズアオイ
茨城県つくば市、筑波実験植物園、池
2013.10.3
ミズアオイ
千葉県千葉市、千葉市都市緑化植物園、水鉢
2011.9.24
ミズアオイ
千葉県千葉市、千葉市都市緑化植物園、水鉢
2011.9.24
TOPへ戻る