TOPへ戻る
最終更新日:2016.7.4
名称

ゴンズイ(権萃)

学名
Euscaphis japonica
名の由来
「ゴンズイ」はもろくて材木にならないため、食べられずに役に立たない魚の「ゴンズイ」の名をあてたという説がある。
性状
小高木/冬季落葉
大きさ
高さ:3~8m/葉長:10~30cm/小葉長:5~9cm/花序径:15~20cm/花径:3~4mm/種子径:5mm
形態
幹は黒褐色で、縦に白い筋が入る。葉は小葉5~11枚からなる奇数羽状複葉で、対生する。小葉は先が尖った長卵形で、細かい鋸歯がある。5~6月頃、本年枝の先に円錐花序を作り、花弁も萼片も黄緑色の小さい花を多数咲かせる。花弁は5個、萼片5個、雄しべは5個、雌しべは1個で柱頭は3裂する。花弁と萼片は同形で、平開しない。果実は袋果で、9~11月頃赤熟して裂け、黒く光沢のある種子を1~2個出す。
原産地
日本(本州関東地方~沖縄)、朝鮮、中国、ベトナム
生育
日当たりの良い、やや乾燥した山地、林縁などに自生する。
利用
庭植え、鉢植え、盆栽。
ゴンズイ
千葉県千葉市、緑地
2016.6.11
ゴンズイ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2013.10.3
ゴンズイ
千葉県千葉市、住宅
2016.6.11
ゴンズイ
千葉県千葉市、林
2012.10.13
ゴンズイ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2013.10.3
ゴンズイ
千葉県千葉市、住宅
2016.6.11
ゴンズイ
千葉県習志野市、集合住宅
2009.8.1
ゴンズイ
千葉県千葉市、林
2012.10.13
ゴンズイ
千葉県千葉市、林
2012.10.13
ゴンズイ
千葉県千葉市、緑地
2016.6.14
ゴンズイ
千葉県習志野市、集合住宅
2009.8.1
ゴンズイ
果実(未熟)
千葉県習志野市、集合住宅
2009.8.1
ゴンズイ
果実
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2013.10.3
ゴンズイ
果実
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2013.10.3
TOPへ戻る