TOPへ戻る
最終更新日:2016.7.19
名称

トウカエデ(唐楓)

サンカクカエデ(三角楓)
英名
Trident maple
学名
Acer buergerianum
名の由来
「トウカエデ」は、中国原産の「カエデ」の意。
「サンカクカエデ」は葉の形から。
性状
高木/冬季落葉
大きさ
高さ:10~20m/葉長:5~8cm
形態
幹は直立する。成木の樹皮は縦にはがれ、ささくれだって見える。葉は対生し、浅く三裂、裂片はほぼ三角形。上面は光沢があり、幼木では鋸歯があるが成木では全縁になる。秋には紅葉する。4~5月に、葉がほぼ展開した頃、花が咲く。本年枝の先に複総状花序をだし、淡黄色の雄花と両性花が混生する。両性花の雄しべは萼より短く、大きな花柱がある。果実は翼果。
品種
葉型、葉模様の変わった園芸品種がある。
原産地
中国東南部、台湾
生育
カエデ類の中では強健で、土質を選ばない。日当たりが悪いと紅葉の葉色が冴えない。樹勢が強く、剪定に耐えるので、盆栽に仕立てやすい。
利用
庭木、垣根、庭園樹、街路樹、盆栽。
トウカエデ
東京都新宿区、街路樹
2005.7.17
トウカエデ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.7.7
トウカエデ
東京都新宿区、街路樹
2005.11.27
トウカエデ
東京都新宿区、街路樹
2005.12.23
トウカエデ
東京都新宿区、街路樹
2005.5.22
トウカエデ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.7.7
トウカエデ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.20
トウカエデ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.6
トウカエデ
果実(未熟)
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.20
NOTE
TOPへ戻る