TOPへ戻る
最終更新日:2016.7.19
名称

モクゲンジ(木欒子)

センダンバノボダイジュ(栴檀葉の菩提樹)
英名
Golden rain tree
学名
Koelreuteria paniculata
名の由来
「センダンバノボダイジュ」は、葉の形が「センダン」に似て、種子が数珠に利用されることから。「ボダイジュ」とは全くの別もの。
性状
高木/冬季落葉
大きさ
高さ:5~10m/小葉長:4~6cm/花序長:30~40cm/花径:10~12mm/果長:5~6cm/種子径:7~8mm
形態
葉は7~15枚の小葉からなる奇数羽状複葉で、互生する。小葉は先が尖った卵形で、粗い鋸歯のある。7~8月頃、枝先に円錐花序を作り、黄色い花を咲かせる。花は開いた当初は全体が黄色だが、一両日の内に中央部の膨らみが赤く色づく。果実は3室の袋状になる蒴果で、10月頃に茶色く熟す。各室に2個の黒い球形の種子が入る。
原産地
日本(本州日本海側)、朝鮮、中国
日本に自生するものは、在来種か栽培品の逸出したものか明らかではない。
生育
自生地、育て方
利用
寺院によく植栽される。花は目薬や黄色染料に、種子は数珠に利用される。
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2016.1.1
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2016.6.10
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2008.6.28
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2016.7.7
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2016.4.12
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2016.6.10
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2008.6.28
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2007.7.16
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2015.6.18
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2016.5.29
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2016.7.7
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2016.7.7
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2007.6.24
モクゲンジ
千葉県習志野市、公園
2008.6.28
モクゲンジ
果実(未熟)
千葉県習志野市、公園
2007.7.16
モクゲンジ
果実(未熟)
千葉県習志野市、公園
2008.7.26
モクゲンジ
果実
千葉県習志野市、公園
2007.9.1
モクゲンジ
果実と種子
2008.8.9
NOTE
TOPへ戻る