TOPへ戻る
最終更新日:2014.4.25
名称

オオモクゲンジ(大木欒子)

フクロミモクゲンジ(袋実木欒子)
英名
Chinese flame tree
学名
Koelreuteria bipinnata
性状
高木/冬季落葉
形態
葉は3~15枚の小葉からなる2回奇数羽状複葉で、互生する。小葉は先が尖った卵形で、全縁または浅い鋸歯がある。9月頃、枝先に円錐花序を作り、黄色い花を咲かせる。果実は3室の袋状になる蒴果で、11月頃に赤く色づき、さらに熟すと白茶色に変わる。各室に2個の黒い球形の種子が入る。
原産地
中国
オオモクゲンジ
東京都文京区、小石川植物園
2008.9.23
オオモクゲンジ
東京都文京区、小石川植物園
2012.11.13
オオモクゲンジ
東京都文京区、小石川植物園
2008.9.23
オオモクゲンジ
東京都文京区、小石川植物園
2008.9.23
オオモクゲンジ
落下した花
東京都文京区、小石川植物園
2008.9.23
オオモクゲンジ
果実
東京都文京区、小石川植物園
2012.11.13
NOTE
TOPへ戻る