TOPへ戻る
最終更新日:2012.8.13
名称

アンチューサ・オフィキナリス(オフィシナリス)

アルカネット
英名
Alkanet, Common bugloss
学名
Anchusa officinalis
名の由来
「アルカネット」は、よく似た「アルカンナ Alkanna tinctoria」の名称でもある。
性状
多年草、または二年草
大きさ
高さ:40~60cm/葉長:6~15cm/花径:6~8mm
形態
全体が白い剛毛に被われている。披針形の葉を根生させる。茎につく葉は互生する。6~10月頃、茎を伸ばして分枝させ、茎頂にさそり状集散花序を出し、青紫色の花を咲かせる。果実は4分果。
原産地
ヨーロッパ中部
生育
肥沃で湿り気のある場所を好む。
利用
庭植え。煎じた根は薬用に利用される。また、根は赤色の染料としても利用される。
アンチューサ・オフィキナリス
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
アンチューサ・オフィキナリス
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
アンチューサ・オフィキナリス
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
アンチューサ・オフィキナリス
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
アンチューサ・オフィキナリス
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
TOPへ戻る