TOPへ戻る
最終更新日:2015.12.1
名称

コンフリー

ヒレハリソウ(鰭玻璃草)
英名
Comfrey
学名
Symphytum offcinale
名の由来
「ヒレハリソウ」は、上の方の葉が翼のように茎につく様子を鰭、花色の白っぽい淡紅色を、玻璃(水晶)にたとえて。
性状
多年草/冬季落葉
大きさ
高さ:60~90cm/葉長:15~20cm/花径:20~30mm
形態
直立し、全草に粗毛が生える。葉は卵形~長卵形で、下部は長い柄があり、上部は無柄で、基部は翼のように茎につながる。初夏から夏にかけて茎頂にさそり状集散花序を出し、釣り鐘状の淡紅色〜紫色の花を咲かせる。
品種
同属に、「プリックリーコンフリー S. asperurn」、「ロシアンコンフリー Symphytum x uplandicum」がある。
原産地
ヨーロッパ、小アジア、シベリア西部
生育
強健で栽培容易。湿り気のある土壌を好み、肥料は控えめに。
利用
牧草、薬用、食用。
コンフリー
東京都豊島区、住宅
2005.4.30
コンフリー
東京都豊島区、住宅
2005.4.30
コンフリー
千葉県習志野市、東邦大学、薬用植物園
2014.5.24
コンフリー
千葉県習志野市、東邦大学、薬用植物園
2014.5.24
コンフリー
千葉県習志野市、東邦大学、薬用植物園
2014.5.24
NOTE
TOPへ戻る