最終更新日:2016.7.19
名称

ナリヒラヒイラギナンテン(業平柊南天)

ヤナギバヒイラギナンテン(柳葉柊南天)
ベルベリス・コンフーサ
マホニア・コンフーサ
学名
Berberis confusa
Berberis eurybracteata
Mahonia confusa
Mahonia eurybracteata
分類
Berberidaceae
Berberis(ベルベリス)
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:1~3m/小葉長:8~15cm/小葉幅:1~1.5cm/花序長:10~15cm/花径:4~7mm/果長:7~10mm
形態
樹形は株立状で、茎は細くて枝分かれが少ない。葉は奇数羽状複葉で、小葉は細長く棘状の鋸歯がある。9~10月に、小さな黄色い花を咲かせ、花穂は短く直立する。果実は液果で、2~3月に表面に白い粉を吹いた藍黒色に熟す。
類似
ホソバヒイラギナンテン」は小葉が短く葉幅が広い。
「ナリヒラヒイラギナンテン」は小葉が長く葉幅が狭いため、やや垂れる。
原産地
中国
ナリヒラヒイラギナンテン
千葉県習志野市、緑地
2016.3.17
ナリヒラヒイラギナンテン
千葉県習志野市、緑地
2016.7.8
ナリヒラヒイラギナンテン
千葉県習志野市、緑地
2016.7.8
ナリヒラヒイラギナンテン
果実
千葉県習志野市、緑地
2016.3.17

品種

名称

清流(せいりゅう)‘Seiryu’

特徴
小葉が細長く、より垂れる。
ナリヒラヒイラギナンテン ‘清流’
千葉県千葉市、店舗
2016.5.9
ナリヒラヒイラギナンテン ‘清流’
千葉県千葉市、店舗
2016.5.9
ナリヒラヒイラギナンテン ‘清流’
千葉県千葉市、店舗
2016.5.24
ページ top